菅野食品株式会社|宮城野区蒲生|豆腐|高砂豆腐|

 

製造の過程

   
こちらでは、商品ができるまでの製造過程をご紹介いたします。
豆腐は昔から長寿食ともいわれますが、「畑の肉」といわれる大豆を原料にしております。
当社では宮城県産ミヤギシロメを主に全て国産大豆を使用
もちろん、遺伝子組み換えはしておりませんので、安心してお召し上がれます。
 

 豆腐の製法

 豆腐の製法
 
製造過程1・・浸漬
代替テキストをご記入ください
精選された大豆を洗浄した後、大豆磨砕(まさい)をしやすくするために水に浸ける作業です。
漬ける時間は水温・気温等によって異なりますので最も神経を使う工程であり、
職人の長年の経験と熟練が必要とされます。
 
 
製造過程2・・磨砕
代替テキストをご記入ください
浸漬し水分を含んで2倍ほどに大きくなった大豆を細かく砕く作業です。
昔は石臼で挽いていましたが、現在はグラインダーを使用しております。
磨砕は注水しながら行い、加水量によって豆乳の濃度を加減します。
 
製造過程3・・生呉・煮呉
代替テキストをご記入ください
磨砕したものを「呉」といいます。次の工程で加熱したものを「煮呉」といいますが
対比して加熱してないものが「生呉」です。
 
製造過程4・・加熱
代替テキストをご記入ください
「生呉」を加熱します。
加熱は、大豆タンパク質を凝固しやすく、最大に抽出させるために行います。
豆腐にしたときのタンパク分子の網の目が細かくなり、水分をしっかり取り込めるため
柔らかい仕上がりとなる利点があります。
 
 
製造過程5・・絞り
濾過(ろか)、分離などともいいますが、加熱した呉(煮呉)を「豆乳」と「おから」
に分離する工程・作業です。
昔は、煮呉を布袋に入れ、手作業で絞る重労働でしたが、現在は機械化が進んでおります。
 
 
製造過程・・豆乳
このような工程を経て「豆乳」が生み出されます。
この豆乳から各種の豆腐製品が製造されるのです。
そのため豆腐製品の種類に応じた豆乳が造られております。
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
菅野食品株式会社
〒983-0002
宮城県仙台市宮城野区蒲生一丁目5番9号
TEL:022-258-2174
FAX:022-258-8444
------------------------------
豆腐製造・販売
------------------------------
041702
<<菅野食品株式会社>> 〒983-0002 宮城県仙台市宮城野区蒲生一丁目5番9号 TEL:022-258-2174 FAX:022-258-8444